現在位置: ホーム

探しているコンテンツは見つかりましたか? 検索を精密にするには 詳細検索 を試してみてください。

検索結果 14 アイテムが検索語に該当します

常に更新されたこれら検索語のフィードを購読する

吉見グループ河村研究員の共著論文がPhysical Review Letters誌に掲載され、アメリカ物理学会のニュースサイト「Physics」で取り上げられました。
PCoMS吉見グループの河村研究員が共同研究者として携わった、単層物質「ボロフェン」内の質量ゼロの電子の発見に関する論文がPhysical Review Letters誌に掲載されました。 ...
論文掲載のお知らせ:PCoMSの吉見研究員の論文がPhysical Review E 誌に掲載されました。
「Sparse modeling approach to analytical continuation of imaginary-time quantum Monte Carlo data」 Junya Otsuki, Masayuki Ohzeki, Hiroshi Shinaoka, Kazuyoshi ...
論文掲載のお知らせ:PCoMSの吉見研究員の論文がPhysical Reviwe B誌に掲載されました。
「Compression of imaginary-time data using intermediate representation of analytical continuation」 Hiroshi Shinaoka, Junya Otsuki, Masayuki Ohzeki, Kazuyoshi ...
学会発表のお知らせ: 日本物理学会第72回年次大会
3/17-20に行われる日本物理学会第72回年次大会(大阪大学、豊中キャンパス)で以下の発表を行います - 18aK-PS:「多変数変分モンテカルロ法による汎用量子格子模型ソルバーmVMCの利用方法と事例紹介」三澤貴宏, 吉見一慶, 河村光晶, ○森田悟史, 本山裕一, 大越孝洋, 井戸康太, 今田正俊, 加藤岳生
研究会発表のお知らせ:物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会
2016/4/5に物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会(東京大学物性研究所)で以下の発表を行いました。 - 「東京大学物性研究所 ソフトウェア開発・高度化プロジェクトについて」吉見一慶
研究会発表のお知らせ:PCoMSシンポジウム &計算物質科学スパコン共用事業報告会
2016/10/18にPCoMSシンポジウム &計算物質科学スパコン共用事業報告会(東北大学)で以下の発表を行いました。 - 「大規模計算機用量子格子模型ソルバーHΦを活用した多体電子系の電子状態計算」吉見一慶
セミナー発表のお知らせ:埼玉大学理論セミナー
2016/12/13に埼玉大学理論セミナーで以下の発表を行いました。 - 「汎用量子格子模型ソルバーHΦの利用方法と応用事例の紹介」吉見一慶
研究会発表のお知らせ:日本物理学会 2016年秋季大会
2016/9/13に日本物理学会 2016年秋季大会で以下の発表を行いました。 -「幾何学的電荷フラストレーション系の有限温度物性の数値解析」吉見一慶, 中惇, 妹尾仁嗣
吉見グループ河村研究員の論文がPhysical Review B誌に掲載されました。
PCoMS吉見グループの河村研究員による、ホウ炭化物超伝導体の第一原理的研究に関する論文がPhysical Review B誌に掲載されました。
学会発表のお知らせ:日本物理学会第72回年次大会(吉見チーム)
3/17-20に行われる日本物理学会第72回年次大会(大阪大学、豊中キャンパス)で以下の発表を行います。 - 18aD51-5:「長距離クーロン相互作用を取り入れた幾何学的電荷フラストレーション系での有限温度物性の数値解析」吉見一慶(東大物性研), 中惇(東北大理), 妹尾仁嗣(理研、理研CEMS) - ...
河村(吉見グループ)・三澤研究員らの共著論文がJournal of American Chemical Society誌に掲載されました。
PCoMS河村研究員(吉見グループ)と三澤研究員が共同研究者として携わった、可視光領域での多色性を持つ新物質 Ca3ReO5Cl2 に関する論文がJournal of American Chemical Society誌に掲載されました。また、この研究に関するプレスリリースが物性研究所で行われました。
吉見グループ河村研究員らの共著論文がJournal of Physics: Condensed Matter誌に掲載されました。
吉見グループ河村研究員が共著として加わった、第一原理計算プログラムパッケージ "Quantum ESPRESSO" の開発に関する論文が Journal of Physics: Condensed Matter 誌に掲載されました。 また Psi-k (欧州第一原理コミュニティ) ...
河村(吉見グループ)・吉見・三澤研究員らの論文がComputer Physics Communications誌に掲載されました
河村(吉見グループ)・吉見・三澤研究員らによる、量子格子模型ソルバーHΦの開発に関する論文が、Computer Physics Communications誌に掲載されました。
論文掲載のお知らせ:PCoMSの吉見研究員の論文がPhysical Review B 誌に掲載されました。
「Overcomplete compact representation of two-particle Green's functions」 Hiroshi Shinaoka, Junya Otsuki, Kristjan Haule, Markus Wallerberger, Emanuel Gull, ...