現在位置: ホーム イベント イベントフォルダ 第2回計算物質科学イノベーションキャンプ/The 2nd Innovation Camp for Computational Materials Science (2nd ICCMS)

第2回計算物質科学イノベーションキャンプ/The 2nd Innovation Camp for Computational Materials Science (2nd ICCMS)

『数値ライブラリを活用した数理科学と計算物質科学の連携』"Cooperation between applied mathematics and computational materials science by utilizing numerical libraries"
日時 2018年10月02日 13時30分 から
2018年10月04日 14時45分
場所 皆生シーサイドホテル 海の四季(鳥取県)
カレンダーに追加 vCal
iCal
開催趣旨 / Scope

本キャンプでは、数理連携に着目し、数値計算ライブラリを通して最先端の数理アルゴリズムに触れ、その特性および活用方法について学ぶことを目的としている。チームでの実習を通し手法を身に着け、各自の研究やプロジェクトの課題解決に役立てることを目指す。また、講師を招き、物性物理学からのニーズや、そこから派生した数理連携による最先端の研究成果に関してそれぞれ講演いただく。これらを例に参加者で議論し、今後の協奏的な研究を行うための土台を構築する。さらに、産官学や学問領域を超えて活躍する方々のレクチャーと意見交換などでイノベーションマインドを学ぶ。
A purpose of this camp is to learn  the advanced computational algorithms implemented in numerical libraries from the viewpoint of cooperation between applied mathematics and computational materials science.
In this camp, the participants can learn details of the algorithms in group exercises. It is also possible to utilize the advanced algorithms for solving their own research subjects. Invited lecturers will talk about needs in the condensed matter physics and show recent examples of the cooperations between applied mathematics and physics.
The participants discuss the possibilities of the cooperations between applied mathematics and the computational materials science. In addition, they can learn innovation minds from discussions with lecturers, who are active in industry, government, schools and various academic fields.

概要 / Overview

日程 / Period:
2018年10月2日(火)~10月4日(木) 
October 2nd(Tue.)-4th(Thu.), 2018

開催場所 / Venue:
皆生シーサイドホテル 海の四季
鳥取県米子市皆生温泉3-4-3
The Kaike Seaside Hotel (Tottori Pref.)

参加費 / Participation fee:
無料 ※宿泊費等は現地にてお支払いただきます。
Free * Accommodation fee should be paid by each participant on site

定員 / Capacity:
40名程度 ※基本的に先着順です。
Up to 40 people * Basically, applications will be accepted on a first-come, first served basis.

参加対象 / Qualifications:
物質科学・計算科学全般・HPC・数理科学研究に関連する若手研究者、ポスドク、大学院生(学部生も可) ※プログラミングの基本的な知識は必要です。
Early career scientists, PD, Graduate students(DC), majoring in materials science, computational science, HPC, and mathematical science.* Basic programming skill is required.

申込期限 / Deadline for registration:
一次締切 (終了):2018年7月31日(火)正午 2018年8月3日(金)正午【延長しました!】 ※CCMS事務局より旅費の支弁を受ける方で、羽田発着の方は団体航空券の手配の都合上、必ず一次締切までにお申し込みください。
July 31st(Tue.) Noon August 3rd(Extended!)* Participants using the Haneda Airport and receiving the travel expense reimbursement from the CCMS(Post K project and PCoMS) should complete the registration by Aug. 3rd.
二次締切:2018年8月31日(金)正午 ※但し、定員に達し次第締め切ります。
August 31st(Fri.) Noon * Registration may stop before the deadline in case the event is booked out.

旅費支援 / Travel expenses support:
下記に該当する方には、東京大学物性研究所CCMS事務局より旅費を支弁いたします。
The travel expenses reimbursement may be applicable to the followings.

・講演者
- Lecturers

・ポスト「京」重点課題(7)の課題実施者・協力者
- Researcher/Postdoc
involved in the Post 'K' Project -Priority Issue 7-
・計算物質科学人材育成コンソーシアム構築事業 イノベーション創出人材(IPD)プログラム(フェロー)既認定者および、(一般)新規登録希望者
- Researcher/Graduate student who has been designated as 'fellow' or 'general' of PCoMS-IPD program.
※IPDプログラム(一般)に登録ご希望の方は、まずはCCMS事務局まで詳細をメールでお問い合わせください。イノベーション創出人材(IPD)プログラムの詳細はこちらをご参照ください。IPDプログラム(一般)への応募は、東大博士課程在学中の方のみ。希望者多数の場合は、選抜の上、旅費支弁の可否を決定します。
* If you wish to join the PCoMS-IPD program, please contact us for more details.

■注意事項 / Notes:
・参加者は指定ホテルに滞在していただきます。ホテルの予約は一括して事務局で行います。
- Participants should stay at the designated accommodation(Kaike Seaside Hotel). Hotel booking will be made by the organizers.
・宿泊費のお支払方法、航空券の手配など、詳細は参加お申し込みの方に別途Eメールでご連絡致します。
- Accommodation fee should be paid by each participant on site. Details will be announced to the participants by email.
・ノートPCをご持参ください。
- Please bring your own laptop PC.

・チュートリアルの資料は事前配布する予定です。配布時に必要な環境も連絡しますので、各自PCに必要な環境をinstallの上、プログラムが動作することを確認した上で受講してください。
- Tutorial material will be distributed prior to the camp. Please be sure to install the program and check if it works properly with your own PC in advance.
・プレゼン資料は全て英語の予定です。また、講演及び実習の一部は英語で実施する予定です。
- Presentation materials should be prepared in English, and some lectures and training will be given in English.

共催 / Co-organized by:
・ポスト「京」重点課題(7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創生」(CDMSI)
- Post 'K' Project -Priority Issue 7- "Creation of New function Devices and High performance Materials, for supporting industry of next generation"(CDMSI)
・計算物質科学人材育成コンソーシアム構築事業(PCoMS)
- Professional development Consortium for Computational Materials Scientists(PCoMS)

協賛 / sponsored by:
・東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(CCMS)
- The Center of Computational Materials Science(CCMS)

プログラム(仮) / Program *This schedule is tentative and may be revised.
The 1st day】 Oct. 2nd(Tue.)
TimeCategory
DescriptionLecturer/Presenter
13:30-14:00 Guidance(1) Organizer
14:00-15:00 Lecture (1) 「スーパーコンピュータにおける計算物質科学と数理科学の連携:数値計算ライブラリとそのアルゴリズム」
"Collaboration between computational material science and applied mathematics on supercomputer: numerical libraries and their algorithms."
星健夫(鳥取大学)
T. Hoshi(Tottori Univ.)

15:10-16:10

Lecture (2) 「MateriAppsを利用した計算物質科学のソフトウェアの探し方・情報共有」
"How to find and share information on software in computational materials science using MateriApps"
三澤貴宏(東京大学)
T. Misawa(Univ. of Tokyo)
16:10-18:00 Hands-on practice (1)
ソフトウェアのインストール・チュートリアル実施
Install software and tutorial

20:00-21:00 Innovation promotion program(1) 「アカデミアとインダストリーの垣根を超えて」
"Over the barriers between academia and industry"
藤井幹也(パナソニック)
M. Fujii(Panasonic)

【The 2nd day】 Oct. 3rd(Wed.)

TimeCategoryDescriptionLecturer/Presenter
9:00-10:00 Lecture (3)

「計算物性物理におけるアルゴリズムとライブラリ」
"Algorithms and Libraries in Computational Condensed Matter Physics"

藤堂眞治「東京大学)
S. Todo(Univ. of Tokyo)
10:00-12:00 Hands-on practice (2) 実習 (1):課題選定など
Form teams, selecting a theme and theme exercise in each team.

14:00-15:00 Lecture (4) 「大規模固有値問題の数値解法と計算物質科学への応用」
"Numerical algorithms for large eigenvalue problems and their application to computational materials science."
曽我部知広 (名古屋大学)
T. Sogabe(Nagoya Univ.)
15:10-16:10 Lecture (5) 「テンソルネットワーク法による情報圧縮と物性物理への応用」
"Information compression by tensor networks and its application to condensed matter physics"
大久保毅 (東京大学)
T. Okubo(Univ. of Tokyo)
16:10-18:00 Hands-on practice (3) 実習 (2):課題への取り組み

20:00-21:00 Innovation promotion program(2) 「カニ殻由来の新素材”キチンナノファイバー”の製造とその機能を活かした事業化」
"Chitin nanofibers extracted from crab shell and its practical applications by applying various properties"
伊福伸介(鳥取大学)
S. Ifuku (Tottori Univ.)

【The 3rd day】 Oct. 4th(Thu.)

TimeCategory
DescriptionLecturer/Presenter
9:00-12:00 Hands-on practice (4) 実習 (3):課題への取り組み・成果の整理


13:00-14:30 Presentation 成果発表・情報共有
Presentation of the achievements
チーム代表者
The representative of the team
14:30-14:45 Summary
今後の課題等議論
Further discussion

参加申込み / Registration

参加ご希望の方は、下記参加登録ボタンよりお申込みください。
If you wish to join the 2nd ICCMS, please complete the registration through the "registration button" below.

申込期限 / Deadline for registration:
一次締切(終了):2018年7月31日(火)正午 2018年8月3日(金)【延長しました!】
※CCMS事務局より旅費の支弁を受ける方で、羽田発着の方は団体航空券の手配の都合上、必ず一次締切までにお申し込みください。該当者は今回陸路はご利用頂けません。
July 31st(Tue.) August 3rd(Fri.)Noon (Extended!)* Participants using the Haneda Airport and receiving the travel expense reimbursement from the CCMS(Post K project and PCoMS) should complete the registration by Aug. 3rd.
二次締切:2018年8月31日(金)正午
※但し、定員に達し次第締め切ります。
August 31st(Fri.) Noon * Registration may stop before deadline in case the event is booked out.

登録ボタン

参加お申込み受付は終了いたしました。

世話人 / Organizers
吉見一慶(東京大学)、三澤貴宏(東京大学)、星健夫(鳥取大学)、福田将大(東京大学)

旅費等事務手続きに関するお問合わせ / Contact

東京大学物性研究所計算物質科学研究センターCCMS事務局 
担当:有馬 和美
〒277-8581 千葉県柏市柏の葉5-1-5
TEL: 04-7136-3279
Email:adm-office[at]cms-initiative.jp

The Center of Computational Materials Science(CCMS)
Institute for Solid State Physics, The University of Tokyo
Tel:04-7136-3279/Fax:04-7136-3441
Email:adm-office[at]cms-initiative.jp

タグ: