現在位置: ホーム 次世代研究者の活動 若手研究者(三澤チーム) メンバー 岡田 健(OKADA, Ken)

岡田 健(OKADA, Ken)

CV

2019年4月– 東京大学物性研究所 特任研究員 (受入研究者: 三澤貴宏 特任研究員、川島直輝 教授)
2017年10月–2019年3月 日本学術振興会 特別研究員(PD)(受入研究者: 求幸年 教授)
2017年4月–2017年9月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2017年9月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 博士課程 卒業 (指導教官: 十倉好紀 教授)
2015年3月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 修士課程 卒業 (指導教官: 十倉好紀 教授)
2013年3月 東京大学工学部物理工学科 卒業 (指導教官: 十倉好紀 教授)

Publications

Google Scholar

  1. "Magnetoelectric effect in band insulator–ferromagnet heterostructures" K. N. Okada, Y. Kato, and Y. Motome, Physical Review B 99, 134442 (2019).
  2. "Multiple-Q magnetic orders in Rashba-Dresselhaus metals", K. N. Okada, Y. Kato, and Y. Motome, Physical Review B 98, 224406 (2018).
  3. "Terahertz spectroscopy on Faraday and Kerr rotations in a quantum anomalous Hall state", K. N. Okada, Y. Takahashi, M. Mogi, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, K. S. Takahashi, N. Ogawa, M. Kawasaki, and Y. Tokura, Nature Communications 7, 12245 (2016). プレスリリース: "トポロジカル絶縁体の量子化磁気光学効果の観測 −省エネかつ高効率な光学素子の実現へ−"Journal Club for Condensed Matter Physicsにて特集が組まれました。UTokyo Researchに掲載されました。
  4. "Enhanced photogalvanic current in topological insulators via Fermi energy tuning" , K. N. Okada, N. Ogawa, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, and Y. Tokura, Physical Review B 93, 081403(R) (2016).
  5. "Ferroelectric-like metallic state in electron doped BaTiO3", J. Fujioka, A. Doi, D. Okuyama, D. Morikawa, T. Arima, K. N. Okada, Y. Kaneko, T. Fukuda, H. Uchiyama, D. Ishikawa, A. Q. R. Baron, K. Kato, M. Takata, and Y. Tokura, Scientific Reports 5, 13207 (2015).

 

International Conferences

  1. "Dissipationless Edelstein effect in Rashba insulators", K. N. Okada, Y. Kato, and Y. Motome,
    3rd International Symposium on Research and Education of Computational Science (RECS), Tokyo, Japan, Sep. 2018 P18
  2. "Noncoplanar spin textures in spin-orbit coupled metals", K. N. Okada, Y. Kato, and Y. Motome,
    3rd International Symposium on Research and Education of Computational Science (RECS), Tokyo, Japan, Sep. 2018 P17
  3. "Versatile multiple-Q orderings generated by Rashba-Dresselhaus spin-orbit couplings",K. N. Okada, R. Ozawa, Y. Kato, and Y. Motome,
    CEMS Symposium on Trends in Condensed Matter Physics, Saitama, Japan, Nov. 2017 P40
  4. "Sextuple-Q states in a Kondo lattice model with Rashba and Dresselhaus spin-orbit couplings", K. N. Okada, R. Ozawa, Y. Kato, and Y. Motome,
    International Conference on Topological Materials Science 2017, Tokyo, Japan, May 2017 PB-4
  5. "Persistent spin helix and beyond in a Kondo lattice model with Rashba-Dresselhaus spin-orbit coupling", K. N. Okada, R. Ozawa, Y. Kato, and Y. Motome,
    Topological Phases and Functionality of Correlated Electron Systems, Chiba, Japan, Feb. 2017 P24
  6. "Observation of topological Faraday and Kerr rotations in quantum anomalous Hall state by terahertz magneto-optics", K. N. Okada, N. Ogawa, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    CIQM Frontiers in Quantum Materials and Devices Workshop, Saitama, Japan, Jun. 2016 P25
  7. "Enhancement of spin photocurrent in topological insulators via Fermi energy tuning",K. N. Okada, N. Ogawa, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, and Y. Tokura, Workshop on "Topological magnets", Tokyo, Japan, May 2015 P27

 

国内学会発表

  1. 「ラシュバ−ドレッセルハウス型スピン軌道相互作用が誘起する多重Q磁気秩序」
    岡田健, 小澤遼, 加藤康之, 求幸年
    日本物理学会2017年秋季大会 岩手大学 領域8 22aF11 2017年9月
  2. 「ラシュバ・ドレッセルハウス型スピン軌道相互作用が誘起する六重Q磁気秩序」
    岡田健, 小澤遼, 加藤康之, 求幸年
    物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会「計算物質科学の今と未来」 2017年4月
  3. 「磁性トポロジカル絶縁体薄膜における量子化異常ホール状態のテラヘルツ磁気光学応答」
    岡田健, 高橋陽太郎, 吉見龍太郎, 茂木将考, 塚﨑敦, 高橋圭, 小川直毅, 川﨑雅司, 十倉好紀
    日本物理学会2016年春季大会 東北学院大学 領域4 22aBA 2016年3月
  4. 「トポロジカル絶縁体におけるフェルミ準位制御によるスピン偏極光電流の増大」
    岡田健, 小川直毅, 吉見龍太郎, 塚﨑敦, 高橋圭, 川﨑雅司, 十倉好紀
    第1回「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」領域研究会 P39 2015年12月
  5. 「トポロジカル絶縁体薄膜のフェルミ準位制御によるスピン偏極光電流の増大」
    岡田健, 小川直毅, 吉見龍太郎, 塚﨑敦, 高橋圭, 川﨑雅司, 十倉好紀
    日本物理学会2015年秋季大会 関西大学 領域3 17aCG 2015年9月
  6. 「Sr1-xLaxTiO3薄膜におけるエピタキシャル歪みと熱電物性」
    岡田健, 藤岡淳, 小塚裕介, 川﨑雅司, 十倉好紀
    日本物理学会2014年秋季大会 中部大学 領域8 7pBG-6 2014年9月

 

学位論文

  • 「トポロジカル絶縁体における光電流及び磁気光学応答」 2017年度 東京大学大学院物理工学専攻 博士論文
  • 「トポロジカル絶縁体薄膜の伝導性制御と光電流応答」 2014年度 東京大学大学院物理工学専攻 修士論文
  • 「ペロフスカイト型SrTiO3薄膜のエピタキシャル歪みと電荷・熱輸送特性」 2012年度 東京大学物理工学科 卒業論文
タグ: