メンバー

三澤 貴宏 (MISAWA, Takahiro)

所属:東京大学物性研究所 計算物質科学研究センター (issp-CCMS, Univ. of Tokyo)
身分:特任研究員 (Project Researcher, PCoMS PI)

研究内容 (Research field)

強相関電子系 (strongly correlated electron systems)

略歴

 

講演予定

 

1. 三澤貴宏, 野村健太郎, " トポロジカルディラック電子系におけるスピン注入による量子輸送現象", 日本物理学会2017年秋季大会 21aB32-14

2. 本山裕一, 吉見一慶, 三澤貴宏, "多変数変分モンテカルロ法における効率的な変分最適化手法", 日本物理学会2017年秋季大会 22aJ24-7

3. 吉見一慶, 河村光晶, 山地洋平, 三澤貴宏, 井戸康太, 藤堂眞治, 川島直輝, "汎用量子格子模型ソルバーHΦ ver. 2.0の動的性質の解析を中心とした新機能・利用事例の紹介",日本物理学会2017年秋季大会 23aPS-62

4. 三澤貴宏, 吉見一慶, 河村光晶, 森田悟史, 本山裕一, 大越孝洋, 井戸康太, 今田正俊, 加藤岳生, "多変数変分モンテカルロ法のオープンソフトウェアmVMC ver1.0の新機能・利用事例の紹介", 日本物理学会2017年秋季大会 24aPS-16

こちらに過去の講演リストがあります。

最近の論文など (Recent Publications)

  1. Daigorou Hirai, Takeshi Yajima, Daisuke Nishio-Hamane, Changsu Kim, Hidefumi Akiyama, Mitsuaki Kawamura, Takahiro Misawa, Nobuyuki Abe, Taka-hisa Arima, and Zenji Hiroi," "Visible" 5d Orbital States in a Pleochroic Oxychloride" J. Am. Chem. Soc. 139, 10784-10789 (2017), プレスリリースはこちら
  2. Mitsuaki Kawamura, Kazuyoshi Yoshimi, Takahiro Misawa, Youhei Yamaji, Synge Todo, and Naoki Kawashima, “Quantum Lattice Solver HΦ”, Computer Physics Communications 217, 180192 (2017).
  3. Takahiro Misawa, Yusuke Nomura, Silke Biermann, and Masatoshi Imada, “Self-optimized superconductivity attainable by interlayer phase separation at cuprate interfaces”, Sci. Adv. 2, e1600664 (2016). プレスリリースはこちら
  4. Kensaku Takai, Kota Ido, Takahiro Misawa, Youhei Yamaji, and Masatoshi Imada, “Finite-temperature Variational Monte Carlo Method for Strongly Correlated Electron Systems”, J. Phys. Soc. Jpn. 85, 034601 (2016).
  5. 三澤貴宏, 今田正俊, "強相関電子系における高温超伝導発現機構", 固体物理 Vol.51, No1, p.33-46 (2016).
  6. Yasuyuki Kato and Takahiro Misawa, “Quantum tricriticality in antiferromagnetic Ising model with transverse field: A quantum Monte Carlo study”, Phys. Rev. B 92, 177419 (2015).
  7. Motoaki Hirayama, Takahiro Misawa, Takashi Miyake, and Masatoshi Imada,  “Ab initio Studies of Magnetism in the Iron Chalcogenides FeTe and FeSe”, J. Phys. Soc. Jpn. 84 , 093703 (2015).
  8. Takahiro Misawa and Masatoshi Imada, “Superconductivity and its mechanism in an ab initio model for electron-doped LaFeAsO”, Nature Communications 5, 5738 (2014).
  9. Takahiro Misawa and Masatoshi Imada, “Origin of high-Tc superconductivity in doped Hubbard models and their extensions: Roles of uniform charge fluctuations ”, Phys. Rev. B 90, 115137 (2014).

連絡先

room : A430a

E-mail :  tmisawa__at__issp.u-tokyo.ac.jp

Tel/Fax : 04-7136-3287

本山 裕一

所属:東京大学物性研究所 計算物質科学研究センター
身分:特任研究員

研究内容

興味のある対象・トピック

  • 計算物理学
    • モンテカルロ法
      • 経路積分モンテカルロ法
      • クラスターアルゴリズム
      • ワームアルゴリズム
      • 負符号問題
      • 拡張アンサンブル法
  • 統計物理学
    • 低次元量子スピン系
      • 対称性に守られたトポロジカル相
      • SU(N) スピン系
      • 局所離散化ベリー位相
    • 基板上に吸着したヘリウム4

普段使うプログラミング言語

C/C++, python, Julia,  shell script

リンク

略歴

2005年4月 - 2007年3月 東京大学教養学部前期課程・理科一類
2007年4月 - 2009年3月 東京大学工学部物理工学科
2009年4月 - 2011年3月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程
2011年4月 - 2014年3月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程
2014年4月 - 2016年1月 東京大学物性研究所 物質設計評価施設 特任研究員
2016年2月 - 現在 東京大学物性研究所 計算物質科学研究センター特任研究員

最近の論文

  • Yuichi Motoyama and Synge Todo, "ZN Berry phase and symmetry protected topological phases of SU(N) antiferromagnetic Heisenberg chain", arXiv:1508.00960 (2015).
  • Yuichi Motoyama and Synge Todo, "Path-Integral Monte Carlo for the Gauge-Fixed Berry Connection and the Local Z2 Berry Phase", JPS Conf. Proc. 1, 012130 (2014).
  • Yuichi Motoyama and Synge Todo, "Path-integral Monte Carlo method for the local Z2 Berry phase", Phys. Rev. E 87, 021301(R) (2013).

連絡先

E-mail : y-motoyama __at__ issp.u-tokyo.ac.jp
Tel : 04-7136-3287