現在位置: ホーム 次世代研究者の活動 研究業績 論文実績

論文実績

論文掲載のお知らせ:PCoMSの吉見研究員の論文がPhysical Review E 誌に掲載されました。
「Sparse modeling approach to analytical continuation of imaginary-time quantum Monte Carlo data」 Junya Otsuki, Masayuki Ohzeki, Hiroshi Shinaoka, Kazuyoshi Yoshimi. Phys. Rev. E 95, 061302(R) (2017).
論文投稿のお知らせ:PCoMSの吉見研究員が下記の論文を投稿しました。
「Compression of imaginary-time data using intermediate representation of analytical continuation」 Hiroshi Shinaoka, Junya Otsuki, Masayuki Ohzeki, Kazuyoshi Yoshimi, arxiv:1702.03054 (2017).
吉見グループ河村研究員の論文がPhysical Review B誌に掲載されました。
PCoMS吉見グループの河村研究員による、ホウ炭化物超伝導体の第一原理的研究に関する論文がPhysical Review B誌に掲載されました。
吉見グループ河村研究員の共著論文がPhysical Review Letters誌に掲載され、アメリカ物理学会のニュースサイト「Physics」で取り上げられました。
PCoMS吉見グループの河村研究員が共同研究者として携わった、単層物質「ボロフェン」内の質量ゼロの電子の発見に関する論文がPhysical Review Letters誌に掲載されました。 また、アメリカ物理学会のニュースサイト「Physics」にその解説記事が掲載されました。 この研究に関するプレスリリースが物性研究所で行われました。
河村(吉見グループ)・吉見・三澤研究員らの論文がComputer Physics Communications誌に掲載されました
河村(吉見グループ)・吉見・三澤研究員らによる、量子格子模型ソルバーHΦの開発に関する論文が、Computer Physics Communications誌に掲載されました。
河村(吉見グループ)・三澤研究員らの共著論文がJournal of American Chemical Society誌に掲載されました。
PCoMS河村研究員(吉見グループ)と三澤研究員が共同研究者として携わった、可視光領域での多色性を持つ新物質 Ca3ReO5Cl2 に関する論文がJournal of American Chemical Society誌に掲載されました。また、この研究に関するプレスリリースが物性研究所で行われました。
論文(プレプリント):PCoMSの三澤研究員が論文を投稿しました。
"Ab initio effective Hamiltonians for cuprate superconductors" Motoaki Hirayama, Youhei Yamaji, Takahiro Misawa and Masatoshi Imada, arxiv:1708.07498