現在位置: ホーム 次世代研究者の活動 研究業績 研究会・国際会議での発表

研究会・国際会議での発表

学会発表のお知らせ: 日本物理学会第72回年次大会
3/17-20に行われる日本物理学会第72回年次大会(大阪大学、豊中キャンパス)で以下の発表を行います - 18aK-PS:「多変数変分モンテカルロ法による汎用量子格子模型ソルバーmVMCの利用方法と事例紹介」三澤貴宏, 吉見一慶, 河村光晶, ○森田悟史, 本山裕一, 大越孝洋, 井戸康太, 今田正俊, 加藤岳生
学会発表のお知らせ:日本物理学会第72回年次大会(三澤チーム)
3/17-20に行われる日本物理学会第72回年次大会(大阪大学、豊中キャンパス)で以下の発表を行います。 - 19pC31:「かごめ格子上のハイゼンベルグ反強磁性模型における1/3プラトーの有限温度効果」三澤貴宏, 本山裕一, 山地洋平
研究会発表のお知らせ:APS March Meeting
3/15-20に行われるAPS March Meeting ( New Orleans)で三澤が「Finite-Temperature Signatures of Spin Liquids in Frustrated Hubbard Model」というタイトルで発表を行います。
研究会発表のお知らせ:有機固体若手の会
3/9-10に行われる有機固体若手の会(湯河原温泉)で三澤が「強相関系に対するソフトウェア入門 -初めてのHΦ、mVMC-」というタイトルで招待講演を行います。
研究会発表のお知らせ:CEMS-QPEC Topical Meeting on Superconductivity under Extreme Conditions
1/16-17に東京大学本郷キャンパスで行われたCEMS-QPEC Topical Meeting on Superconductivity under Extreme Conditions で三澤が講演を行いました。
セミナー発表のお知らせ:埼玉大学理論セミナー
2016/12/13に埼玉大学理論セミナーで以下の発表を行いました。 - 「汎用量子格子模型ソルバーHΦの利用方法と応用事例の紹介」吉見一慶
PCoMSシンポジウムでの研究成果発表
2016/10/17-18に開催されたPCoMSシンポジウム &計算物質科学スパコン共用事業報告会で河村光晶氏、本山裕一氏がポスター発表、三澤貴宏氏、吉見一慶氏が口頭発表を行いました。
研究会発表のお知らせ:PCoMSシンポジウム &計算物質科学スパコン共用事業報告会
2016/10/18にPCoMSシンポジウム &計算物質科学スパコン共用事業報告会(東北大学)で以下の発表を行いました。 - 「大規模計算機用量子格子模型ソルバーHΦを活用した多体電子系の電子状態計算」吉見一慶
研究会発表のお知らせ:日本物理学会 2016年秋季大会
2016/9/13に日本物理学会 2016年秋季大会で以下の発表を行いました。 -「幾何学的電荷フラストレーション系の有限温度物性の数値解析」吉見一慶, 中惇, 妹尾仁嗣
研究会発表のお知らせ:物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会
2016/4/5に物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会(東京大学物性研究所)で以下の発表を行いました。 - 「東京大学物性研究所 ソフトウェア開発・高度化プロジェクトについて」吉見一慶
学会発表のお知らせ:日本物理学会第72回年次大会(吉見チーム)
3/17-20に行われる日本物理学会第72回年次大会(大阪大学、豊中キャンパス)で以下の発表を行います。 - 18aD51-5:「長距離クーロン相互作用を取り入れた幾何学的電荷フラストレーション系での有限温度物性の数値解析」吉見一慶(東大物性研), 中惇(東北大理), 妹尾仁嗣(理研、理研CEMS) - 17aB23-9:「スパースモデリングを利用した量子モンテカルロデータの解析接続」大槻純也(東北大理), 大関真之(東北大情報), 品岡寛(埼大理), 吉見一慶(東大物性研)