現在位置: ホーム

ホーム

最近のニュース

河村(吉見グループ)・三澤研究員らの共著論文のJournal of American Chemical Society誌への掲載が決まりました。

PCoMS河村研究員(吉見グループ)と三澤研究員が共同研究者として携わった、可視光領域での多色性を持つ新物質 Ca3ReO5Cl2 に関する論文がJournal of American Chemical Society誌に掲載されることが決まりました。また、この研究に関するプレスリリースが物性研究所で行われました。

もっと読む

PCoMS吉見研究員がスパースモデリングを用いた解析接続用ソフトウェアSpM ver.0.1を公開しました。

"Sparse modeling approach to analytical continuation of imaginary-time quantum Monte Carlo data" Phys. Rev. E 95, 061302(R) (2017). にて導入したスパースモデリングを用いた解析接続用のソフトウェアSpM ver.0.1を公開しました。

もっと読む

論文掲載のお知らせ:PCoMSの吉見研究員の論文がPhysical Review E 誌に掲載されました。

「Sparse modeling approach to analytical continuation of imaginary-time quantum Monte Carlo data」 Junya Otsuki, Masayuki Ohzeki, Hiroshi Shinaoka, Kazuyoshi Yoshimi. Phys. Rev. E 95, 061302(R) (2017).

もっと読む

平成28年度 「イノベーション創出人材の声」掲載のお知らせ

平成28年度に採択されたイノベーション創出人材の堀田さん・佐藤さん、越智さんに、本インターンシップに応募した理由・目的、インターンシップの実際の内容と得られた成果をまとめていただいた記事を掲載しました。

もっと読む

河村(吉見グループ)・吉見・三澤研究員らの論文がComputer Physics Communications誌に掲載されました

河村(吉見グループ)・吉見・三澤研究員らによる、量子格子模型ソルバーHΦの開発に関する論文が、Computer Physics Communications誌に掲載されました。

もっと読む

吉見グループ河村研究員の共著論文がPhysical Review Letters誌に掲載され、アメリカ物理学会のニュースサイト「Physics」で取り上げられました。

PCoMS吉見グループの河村研究員が共同研究者として携わった、単層物質「ボロフェン」内の質量ゼロの電子の発見に関する論文がPhysical Review Letters誌に掲載されました。 また、アメリカ物理学会のニュースサイト「Physics」にその解説記事が掲載されました。 この研究に関するプレスリリースが物性研究所で行われました。

もっと読む

吉見グループ河村研究員の論文がPhysical Review B誌に掲載されました。

PCoMS吉見グループの河村研究員による、ホウ炭化物超伝導体の第一原理的研究に関する論文がPhysical Review B誌に掲載されました。

もっと読む

もっと...

その他のニュース

その他のイベント

PCoMSについて

計算物質科学人材育成コンソーシアム(Professional development Consortium for Computational  Materials Scientists: PCoMS)”は、材料科学・物性科学・分子科学・材料デザインを中核とする物質科学分野で世界をリードする東北大学、東京大学、自然科学研究機構分子科学研究所、大阪大学によって、文部科学省「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者プログラム)」の採択を受け、2015年8月に設立いたしました。

本コンソーシアムでは、広範な物質科学領域と材料開発の基礎、応用、実用化の全段階を俯瞰しつつ、ハイパフォーマンスコンピューティング技術を駆使して物質科学分野の課題発見と解決ができる人材育成の環境を整備し、若手研究者の安定雇用につながる仕組みを構築をしてまいります。

その対象として、下記の2タイプの研究者を育成します。

1)先鋭化された材料科学・物性科学・分子科学の専門性に加え、物質科学全体の素養を持ち、基礎から応用まで全体を俯瞰しつつ、ハイパフォーマンスコンピューティング技術を駆使した最先端の計算物質科学研究を進める次世代グローバルリーダーとなる若手研究者(次世代研究者)。

2) 計算物質科学の幅広い素養とハイパフォーマンスコンピューティング技術を持ち、かつ、長期インターンシップ等による所属機関以外の異なる研究環境を経験し、企業のニーズ等の理解や国際的な研究動向等を理解したポスドクや博士課程(後期)学生(イノベーション創出人材)。

(本文章は東北大学PCoMSのHPより掲載)

  • PCoMS/ISSPとは
  • イノベーション創出人材の育成活動
  • 次世代研究者の研究活動